宮崎すき酒造 こだわり芋焼酎をお楽しみください

好きがいっぱい!須木の魅力

須木ってどんなところ?

小林市須木は、宮崎県の西部に位置し、大小の山に囲まれ、美しい川がいくつも流れるとても自然豊かな場所です。

昔から杉の良材が多く産出したことの由来で、「須木」の名称になったと伝えられています。

栗(くり)や柚子(ゆず)の産地としても有名です。

>Google Mapで見る

須木の歴史について

小林市須木は、明治4年7月廃藩置県によって鹿児島県の所轄となりました。
同年11月美々津県、都城県がなくなり、初めて宮崎県が置かれ、その所轄となりましたが、明治9年突然宮崎県が廃止され鹿児島県に属されました。

しかし、明治16年5月に宮崎の人々の熱心な働きかけにより宮崎県が再置され、その所轄となり、明治17年に西諸県郡が設置されました。

廃藩後は、明治22年町村制施行により今日に至っている。


すきむらんど「大つり橋」

全長155メートル、水面からの高さ30メートルのつり橋は、
歩道の斜張橋としては日本一の長さです。

雄大な大つり橋は、四季折々の表情を見せてくれます。
また、橋の途中で眺める「ままこ滝」は絶景です。




須木の名勝「ままこ滝」

「ままこ滝伝説」で知られるこの滝は、その昔、幼い娘が邪魔で滝つぼに突き落とそうとした継母が、そのはずみで一緒に落ちていってしまったという悲話があります。

かつて、落差41メートル、滝つぼの深さ22メートルあった滝も、現在は水面が上昇し、落差は半分近くになってしまいましたが、水しぶきをあげて落下するその姿は、神秘かつとても美しく雄大です。


すきらんど温泉「かじかの湯」



すきむらんど内にある温泉施設で、天然のヒノキ風呂やフィンランド式のサウナ(水蒸気を利用した湿式のサウナ)が有名です。

天然のヒノキ風呂は、木に含まれるヒノキオールなどの精油成分のほか、森林浴効果 のあるフィトンチッドの香りが身体のすみずみにまでゆきわたります。

サウナも、水分をたっぷりと含んだサウナなので、鼻や喉の粘膜はもちろん、肌を保護しながら老廃物を取り除いてくれます。





画像提供元 すきむらんど様ウェブサイト